> こどもあかり教室

こどもあかり教室(きょうしつ)
エジソンと白熱電球(はくねつでんきゅう)

エジソンが発明(はつめい)した白熱(はくねつ)電球(でんきゅう)

1879年10月21日エジソンが開発した白熱電球を再現したものです

1879(ねん)10(がつ)21(にち)エジソンが開発(かいはつ)した白熱(はくねつ)電球(でんきゅう)再現(さいげん)したものです。

ここがフィラメント

発明王(はつめいおう)トーマス・エジソンは、29(さい)(1876(ねん))の(とき)に、ニュージャージー(にゅーじゃーじー)(しゅう)メロンパークに研究所(けんきゅうじょ)()て、ここでいろいろな大発明(だいはつめい)電話器(でんわき)蓄音機(ちくおんき)など)をすることになります。その(なか)に、(わたし)たちの()らしに()かせない照明(しょうめい)となった白熱(はくねつ)電球(でんきゅう)がありました。

成功(せいこう)のポイントはフィラメント

エジソンは32(さい)(1879(ねん))の(とき)木綿糸(もめんいと)(すす)とタールを()って炭素(たんそ)()させたフィラメントを使(つか)い、(やく)45時間(じかん)連続(れんぞく)して点灯(てんとう)する白熱(はくねつ)電球(でんきゅう)開発(かいはつ)しました。しかし、白熱(はくねつ)電球(でんきゅう)()(なか)()()すには最低(さいてい)600時間(じかん)点灯(てんとう)必要(ひつよう)(かんが)え、世界中(せかいじゅう)から6,000種類(しゅるい)材料(ざいりょう)()()せて(ため)しました。そしてたまたま研究室(けんきゅうしつ)にあった扇子(せんす)(たけ)材料(ざいりょう)(つく)ったフィラメントを使(つか)ったところ200時間(じかん)点灯(てんとう)できました。それで、フィラメントの素材(そざい)を「(たけ)」に(しぼ)り20(にん)調査員(ちょうさいん)(たけ)採集(さいしゅう)のため世界(せかい)派遣(はけん)して、1,200種類(しゅるい)(たけ)実験(じっけん)しました。

Thomas Alva Edison/トーマス エルバ エジソン

Thomas Alva Edison
トーマス エルバ エジソン

京都(きょうと)(たけ)大活躍(だいかつやく)

1880(ねん)明治(めいじ)13(ねん))に、エジソンの助手(じょしゅ)ウィリアム・H・ムーアが来日(らいにち)し、(あと)初代(しょだい)総理(そうり)大臣(だいじん)となる伊藤(いとう)博文(ひろぶみ)会談(かいだん)した(さい)現在(げんざい)京都府(きょうとふ)八幡市(やわたし)男山(おとこやま)周辺(しゅうへん))に良質(りょうしつ)(たけ)があることを助言(じょげん)されました。以前(いぜん)から、八幡(やわた)真竹(まだけ)は、しっかり()()まった繊維(せんい)評判(ひょうばん)工芸品(こうげいひん)刀剣(とうけん)()()目釘(めくぎ))に使(つか)われていたのです。八幡(やわた)真竹(まだけ)使(つか)ったフィラメントの白熱(はくねつ)電球(でんきゅう)は、どの(たけ)よりも(なが)く1,200時間(じかん)以上(いじょう)点灯(てんとう)しました。これにより、製品化(せいひんか)された白熱(はくねつ)電球(でんきゅう)は、世界中(せかいじゅう)輸出(ゆしゅつ)され(だい)ヒット(ひっと)し、新素材(しんそざい)のフィラメントが開発(かいはつ)されるまで10年以上(ねんいじょう)製作(せいさく)されました。
エジソンは、ろうそくのあかりで()ごしていた()らしを電気(でんき)(ひかり)(かがや)かせ、()(なか)一変(いっぺん)させました。(いま)から(やく)140年前(ねんまえ)のことです。

エジソンが開発した白熱電球の点灯時間の年表

1879(ねん) 木綿糸(もめんいと)炭化(たんか)させて10(がつ)21(にち)(やく)45時間(じかん)点灯(てんとう)成功(せいこう)
1879(ねん) 扇子(せんす)(たけ)材料(ざいりょう)使(つか)って200時間(じかん)点灯(てんとう)
1880(ねん) 京都(きょうと)八幡(やわた)(さん)真竹(まだけ)使(つか)って1,200時間(じかん)以上(いじょう)点灯(てんとう)
1881(ねん) エジソンが開発(かいはつ)した白熱(はくねつ)電球(でんきゅう)発売(はつばい)される。
ページの先頭に戻る